株式会社エスクロー・エージェント・ジャパン

株式会社エスクロー・エージェント・ジャパン

EAJ用語集

Glossary

か~こ

な~の

や~よ

A~Z

さ~そ

は~ほ

ら~ろ

あ~お

ウェブテレビ(WebTV)会議(ASP)システム

WebTV会議システムを活用した隔地者間の金銭消費貸借契約等の締結をサポートするサービスです。当事者が遠隔地にいる場合でも、WebTV会議システムを利用することで非対面での取引が可能になり、取引の利便性、非対面での本人確認および意思確認の安全性を担保することができます。

エスクロー

語源は、フランス語の「ESCROUE」=「巻物(もともと不動産の権利証は紙に巻いて作られていました)」。英語ではESCROW=「容易な権利の移転」。日本では一般的に、「第三者寄託」と訳されます。

エスクローは、不動産取引・金融商品の金銭信託等の取引において、中立的な第三者が取引の事務、履行の確認および決済を行うことによって、取引の安全を図るための制度(エスクロー法)として、1947年に米国の西湾岸で誕生し、不動産取引決済に係る手続きを一括で行う専門サービスとして全米で普及・成長してきました。

米国では、売主と買主の売買契約後の取引事務・本人確認・契約条件の履行確認・取引決済までの手続きをワンストップでエスクロー会社が担っています。また、タイトル保険制度(権原保険)も普及しており、取引決済手続きにかかわる売主の所有権に関し、その権原の範囲を保証しています。


当社は「日本版エスクロー」を業態として確立することをビジョンとしており、不動産取引における、売買契約後から取引決済までの手続きにかかる、複数の関係者による分業体制をコーディネートすることで、ワンパッケージ化の実現を目指しております。

エスクロー口座サービス

金融機関が確実な融資実行を為すためのスキームとして、信託口座を用いたサービスを提供しています。融資時において金融機関から信託口座に送金された融資金に対して、当社が融資実行条件(所有権移転、保全、抵当権設定が可能な状態であることの確認等)および登記申請を確認した後に信託口座へ融資実行指図を行うものです。

本サービスを活用したスキームとしては、クリアリングサポートサービスや不動産エスクローサービスがあります。

エスクローサービス(ES)/エスクローサービス事業

当社では、事務の効率化および安全性・合理性・利便性を高めるため「エスクローサービス事業」を構築しています。

具体的には、不動産取引にかかわる関係者に対して、


  • ASP形態での各種システムの提供および保守・管理サービスの提供
  • エスクロー口座の提供
  • 建物完成・引渡サポートサービス

を主に行っております。

オペレーション

一般的には、「(機械の)操作・運転」という意味で使用されます。

また、「中央銀行が行う証券売買による市場操作」の意味もあります(「買いオペレーション」等)。


当社における「オペレーション」は、クライアントから業務を受託し、期日管理を行い、検品・納品をする一連の作業のことを指します。

か~こ

業務依頼・オペレーション管理システム

金融機関が行う業務依頼から、業務に関する書類の授受、司法書士が成果物を納品するまでを一貫して、案件毎に金融機関、司法書士、当社がオンタイムで進捗管理できるシステムです。

業務継続DATA復旧サービス

災害・障害時に、不動産権利登記システム内のDATA復旧を行います。DATA復旧を行うにあたり定時バックアップを取得する環境ソフトにより、最短1時間にて業務再開が可能になります。

業務受託サービス

当社においては、主に不動産登記や調査関連業務、ローン実行に関する業務の一部を受託しております。

クロージングサービス(金銭消費貸借契約締結支援)

金融機関が行う金銭消費貸借契約書の締結事務代行をいいます。

金銭消費貸借契約書の締結時における住宅ローン申込者との面談による本人確認、借入意思確認、契約内容説明・確認業務を行っております。

決済機能/決済業務

エスクロー業務のひとつの機能をいいます。

米国では、信託口座を使用して、売買代金の預かり、清算手続き、登記手続きをエスクロー会社が担っています。

日本の不動産取引では、売買代金の預かりは行わずに原則、同時履行決済が行われており、不動産事業者、司法書士等の専門家、金融機関等が分業体制にて手続きを進めています。

さ~そ

司法書士業務支援パッケージ

司法書士の業務に関して、金融機関から依頼を受けた司法書士が登記業務を行うためのシステム一式の提供および当該システムの保守・管理を提供しております。

人材派遣サービス

当社では、金融機関等に対して、当社社員を派遣社員として派遣しております。

ストック業務

クライアントより、長期(無期)にて受託している業務を指します。

スポット業務

クライアントより、短期(有期)にて受託する業務を指します。

精算機能/精算業務

エスクロー業務のひとつの機能をいいます。

米国では、権原(所有権)の確認、各種契約条件の確認、必要書類の確保および各種書類への署名依頼、諸費用計算等をエスクロー会社が担っています。

日本の不動産取引では、不動産事業者、司法書士等の専門家、金融機関等が分業体制にて手続きを進めています。

た~と

タイトル/タイトル保険(権原保険)

▼タイトルとは
不動産に関する『タイトル』とは、ある土地の権原(所有権)を意味します。


▼タイトル保険とは
土地の権原または所有権に関する損害に対し、土地所有者やその貸主を保証する保険です。タイトル保険は、法に関する履歴が不明である土地の取得におけるリスクを、最小限にするものです。

建物完成・引渡サポートサービス

住宅の建築またはリフォームを行う際に、建物完成・引渡までのサポートを行うサービスです。当社にて工事進捗の確認および進捗に応じた工事代金の支払指示を行い、請負工務店の事情により建築工事が滞った場合のバックアップ工務店選定等の事務を行います。


竣工当初の工事請負工務店の建設工事請負契約上の地位を承継させる工務店。

デューデリジェンスサービス

物件調査サービスをご参照ください。

登記書類作成システム

司法書士に対し、登記のオンライン申請に対応した登記書類の作成システム(ソフトウェアの名称:サムポローニア)をOEMにて提供しております。


Original Equipment Manufacturerの略。他社ブランドの製品を自社ブランドで製造・販売を行うこと。

は~ほ

物件調査サービス

デューデリジェンスサービスともいいます。

金融機関や不動産事業者等より、業務受託とは別に不動産の物件調査依頼を受託しております。当該調査では、当社社員および外注業者により、現地調査(不動産現状確認業務、写真撮影業務)、法務局・市区町村役場での不動産調査業務および必要書類の取得(不動産登記簿謄本、公図、建物図面等)を行っております。

不動産エスクロー

売買代金、建築代金、諸費用等の金銭信託による、エスクロー口座を活用したサービスです。金融機関と連携した提携住宅ローンの組成および融資申込者による提携住宅ローン利用時における書類取次等のローンサポート業務を行っております。

保証機能/保証業務

エスクロー業務のひとつの機能をいいます。

米国では、権原(所有権)の確認をエスクロー会社が行い、それをタイトル保険会社(権原保証会社)が保証しています。日本の不動産取引では、登記手続きは司法書士をはじめとする専門家の固有業務であり、司法書士が業務を間違いなく遂行することで保証機能を担っています。


権原保証とは、その対象不動産の所有権が、当該売主であることを保証する保険です。

ま~も

抹消登記進捗管理システム

司法書士に対し、金融機関より受託した抵当権抹消登記業務の進捗管理および情報管理を行うシステムを提供しております。主な管理機能として、受託日、請求書送付日、入金日、登記申請日、法務局受理日、完了予定日、更正(補正)日を始めとする19の期日管理を行うシステムです。

A~Z

ASP

ASPとは「Application Service Provider」の略です。

SaaSの原型であるため、「インターネット(ネットワーク)を介して(インストールをせずに)ソフト利用ができる」という点では同じですが、後継のSaaSとASPとの大きな違いは、カスタマイズの有無となります。他の面では、ASPは利用ユーザー毎にデータベースサーバー域を確保するのに反して、SaaSは、データベースサーバー域をシェア利用する等の違いがあります。

BPOサービス/BPO事業

BPOとは「Business Process Outsourcing」の略です。

当社が設立当初より培った金融機関や不動産取引にかかるノウハウを活かし、金融機関の事務の合理化・効率化を図るための金融機関内での各種事務処理の代行や、業務受託を中心とした各種サービスの提供をいいます。

ES(エスクローサービス)/ES(エスクローサービス)事業

SaaS

SaaSとは「Software as a Service」の略です。

以前は、ソフト利用する場合「PCにインストールが必要」というサービスが主流でしたが、インターネットの普及により、ネットワークを介して(インストールをせずに)利用できるソフトをいいます。この進化系としてPaas(Platform as a Service)があり、画面を含めユーザー側で使い易いようにカスタマイズ出来る形態にもなっています。

WebTV会議(ASP)システム

ページの先頭へ